本文へスキップ

愛宕山総合会計事務所−シンガポール&タイ会計・法人設立・会社設立・進出・税務・移住/国際相続/英文会計に強い公認会計士・税理士事務所。サービスオフィス・レンタルオフィスも提供。

TEL. 03-3503-7531

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-15-11 第二名和ビル10階

愛宕山総合会計事務所−シンガポール&タイ進出・法人設立・会計・税務・移住/国際相続/英文会計に強い公認会計士・税理士事務所。住所貸レンタルオフィスも併設しております。


愛宕山総合会計事務所は、東京・シンガポール・タイ・ミャンマー進出・
会計・税務・移住/国際相続に強い会計事務所です。

What's New新着情報


  • 随時開催中!
    2015年ASEA統合に向けた礎を作るのは今です!また2015年から所得税相続税が大増税となります!

    〜シンガポール会社設立・移住・ASEAN統括会社設立 相談会〜

     シンガポール会社設立・進出・移住について随時ご相談を承っております。
    シンガポールへの会社設立は簡単にできます。低税率国家であるシンガポールを軸にASEANにて事業を成そうとされる方のご来訪をお待ちしております。もちろん、FX等の金融所得にて所得を生じられている方のご来訪もお待ちしております。
     また、シンガポール移住を検討されている方のご来訪もお待ちしております。個人所得税に悩まれている方、贈与税相続税対策として海外移住を考えられている方、シンガポール移住は法人を現地に設立することで簡単にできます。是非ともご相談下さい。

     お申込みは当HPにて承ります ⇒お申込みはこちら

  • セミナーを開催致しました。
    ミャンマーの海外進出セミナー

    〜第665回 ミャンマーの進出方法及び制度上の基礎知識〜

    愛宕山総合会計事務所主催
    講師: 愛宕山総合会計事務所 東京・シンガポール 代表  相川聡志 氏
        愛宕山総合会計事務所 バンコクオフィス 代表   但野和博 氏
        愛宕山総合会計事務所 ミャンマーオフィス 代表  瀬戸山洋介 氏
    日時: 2016年10月21日(木) 19:00〜20:30(受付 18:30)
    開催地:ちよだパークサイドプラザ 7階 会議室A (秋葉原駅から徒歩10分 )
        アクセス
    参加費用:無料
    定員:20名
    対象国:ミャンマー

    ミャンマーの進出方法及び制度上の基礎知識
    【開催背景】
    2012年あたりから始まったミャンマーブームは、落ち着いてきております。
    一方で安い労働力を求めた進出から、イオンの進出であり、内需向けの進出に切り替わりつつあります。
    ミャンマーはドルベースでの送金が資本金の送金となりますので円高である、現在は進出環境としては適していると言えます。

    当会計グループは、タイにも拠点を構えてますが、タイと比較した場合、ミャンマーの進出における、現地の雇用確保の有無。
    VISAの取得方法。外資規制の迂回スキーム等、進出にあたり、初期コスト、ランニングコストとしてポイントとなる点について、お話させて頂きます。

    【セミナー概要】
    日時:10月21日(金)
    18時30より受付
    19時開催〜20時00終了
    20時45分より懇親会を予定しております

    【対象者】
    ・ミャンマー進出検討予定、既進出企業様

    お申込みはこちら ⇒ミャンマーの進出方法及び制度上の基礎知識 ミャンマー進出セミナーならヤッパン号
         
  • シンガポールにて、セミナーを開催致しました。
シンガポール居住日本人のための税金講座
〜非居住者の日本国における課税について〜

社会保険労務士法人 大槻経営労務管理事務所 大槻Mクラブ主催
講師: 愛宕山総合会計事務所代表
Advisory Service Singapore Pte.Ltd MD 日本国公認会計士 税理士 相川聡志
日時: 2015年11月7日(土)15:00〜18:00
場所: TKP Singapore Conference Room2 (55 Market Street #03-01, #09-02 Singapore 048941

目次:
T 自己紹介(愛宕山総合会計事務所グループ概要)

U日本での課税範囲(居住、非居住)
  居住、非居住で変わる課税範囲
  居住とは?非居住とは?

V 非居住者の日本国における課税について
  概要
  個別想定例
  復興特別所得税
  納税管理人
  相続税贈与税



事務所の強み

  • 東京・シンガポール・タイにおいて事務所を展開しているため、国内・ASEANでの一貫したサービスを提供することができます。また、事務所代表自らが毎月シンガポールとタイ事務所を回っているため、高いクオリティを3拠点で常に確保するだけではなく、リアルタイムのASEAN情報をお客様にお届けすることができます。書物では得られない情報を生で提供できる数少ない事務所であると誇っております。
    シンガポール及びタイにおけるCFO・内部監査・J-soxの業務代行も行っております。お客様のご要望にお応えして、毎月の子会社訪問・親会社報告を行うことができます。
  • <東京−法人>公認会計士・税理士の両方の業務に強みを有しております。特に、IPO準備・監査法人対策・内部統制構築(本来的な不正防止の仕組みの構築・モニタリングシステムの構築)、不動産業界に非常に強みを発揮しております。法人税に関する業務は当然のことながら強みがあります。
  • <東京−個人>個人税務(所得税、相続税、贈与税)を中心にサービスを提供しております。最近では個人の所得税のうち、保険外交員の方の事業所得、個人の方の不動産所得の管理、の受注が伸びております。なお、生前からの相続対策アドバイス業務(オーナー企業株式・不動産等の潤滑な承継)につきましては、高い品質を保つために受注を制限させていただいております。
  • <上場企業向けシンガポール・タイ会計支援業務>技術者と営業職は海外に出すが、管理部門は海外に出さない会社も多く見受けられます。そこで我々は、海外で空いたその管理部門業務を丸ごと受託しております。例としては、J-sox整備状況評価・運用状況評価書の作成、内部監査資料の作成、連結パッケージ資料の作成、親会社の監査法人対応、月次報告書の作成、等を行っております。これにより、間接部門コストを押さえながら、有用な情報を親会社では入手することができます。
  • <シンガポール−法人>法人税率が低く、キャピタルゲイン課税がないため会社設立希望が絶えません。弊事務所はサービスオフィスを併設しております(住所貸しだけではなく、ノミニーとしてののDirectorや秘書役も揃えております)。そのため、会社の進出時から進出後のランニングのところまで一貫したサポートを提供しております(サービスオフィスに届く証憑を我々で開封・記帳することができます)。なお、シンガポールの会社設立は日本にいながらにして完了し、渡航することなく設立完了することができます。会社設立に関しての手続は東京事務所においても行えますし、メールによっても全ての手続を完了できます。
  • <シンガポール−個人>個人の所得税率が低く、キャピタルゲイン課税がないため移住希望の方が絶えません。幣事務所では富裕層の方に対する総合的なタックスアドバイスを提供しております。また、シンガポールでの移住先のお世話やビザの取得に対してもサービス提供を行っております。最近のシンガポールへの居住方法としては、会社を設立してそのDirectorとしてビザを取得するというパターンが一般的です。さらに、弊事務所のビジネスパートナーからは海外不動産等の海外投資についての効果的なアドバイスを適時に受けることができます。
  • <タイ>進出案件が特に多いのがタイです。タイでのビジネスでの困難な障壁の一つがタイ語です。我々はタイに進出される企業の確かな発展の礎を作っていただくために、日本側に対するタイ語の確実なサポートをさせていただいております。それを確保するためにも、弊事務所ではタイ人弁護士を抱え、お客様の案件にすぐに対処できる体制を構築しております。
  • <ミャンマー>かつてはアジアで最も栄えている国と称されていたビルマの現在の国名がミャンマーです。ミャンマーの意外な側面は、石油・ガス・鉱物・レアアースといった天然資源に恵まれた資源国であることです。そのため、政治的に安定しさえすれば長期的な投資価値はASEANの中でも随一と言われております。弊事務所は、株式会社アジアリーガルリサーチ・アンド・ファイナンス代表取締役の宍戸徳雄氏と強力なアライアンスを構築し、貴社のミャンマーへの進出を安全・確実にサポートさせていただいております。なお、ミャンマーとシンガポール間の租税条約上、様々な取引で源泉税が課されません。幣事務所のシンガポールオフィスによるアレンジが最大限生かされる進出の仕方の一つと考えております。

お知らせ

2017年2月
バンコク不動産サービス会社の社名変更のお知らせ
Asset & Accounting Advisory Co.,Ltd. へ社名を変更致しました。
(旧社名:Realty Porter Co.,Ltd.)
2016年10月
タイ王国にてタイランドエリート・カード(居住ビザ)の正規販売代理店として、販売代行サービスを開始しました。
2016年9月28日
シンガポール IRAS-Businesses-Companiesページ の和訳を追加しました。
2016年5月16日
シンガポール IRAS, MOM アップデート情報のページを追加しました。
2016年5月5日
日本・シンガポール・タイの祝日カレンダーを追加しました。
2016年4月7日
ホームページを更新致しました。
2015年7月  
ミャンマー連邦共和国にて会計サービスの提供を開始しました。
2015年6月  
タイ王国にて不動産関連サービスの提供を開始しました。
2013年10月28日
ホームページを刷新致しました。
2013年10月1日
事務所の場所を統一しました。
愛宕事務所(東京都港区西新橋3-17-7愛宕山タワー4階)と虎ノ門事務所(東京都港区虎ノ門1-15-11第二名和ビル10階)を併用して参りましたが、お客様の利便性を向上させるため、3駅5路線が利用可能で虎ノ門駅徒歩2分の虎ノ門事務所に統一いたします。虎ノ門ヒルズ開業後はさらに発展が見込まれる要衝の地であると考えております。
2013年10月1日
電話番号を統一しました。
03-3503-7531に統一しました。
03-3436-7631は使用を中止にしました。
2013年9月2日
マレーシア会計サービスを開始しました。
クアラルンプールにある会計事務所と提携し、マレーシアにおける会計サービスも提供を開始しました。
最近ジョホールバル等で流行のマレーシア不動産をご所有の方は日本及びマレーシアでの納税が必要となります。不動産所得の申告につきましてはご相談下さい。
2013年4月1日
トランプタワーマニラ(Trump Tower Manila)販売のお知らせ
弊事務所のシンガポールオフィスの関係先が日本人に対して販売できる唯一の正規販売代理権を取得しました。
なお、トランプタワーマニラ以外でも、タイ・シンガポール・マレーシア等、ASEAN投資用不動産をご紹介できます。コンドミニアム以外にもホテルやゴルフ場もラインナップに揃っております。
ご興味のある方がいらっしゃいましたらお問い合わせのページよりお願いします。PDFのパンフレット等を差し上げます。
2011年9月末
弊事務所代表 相川聡志がLEC会計大学院客員准教授に就任致しました。
→会計大学院へのリンク

バナースペース



シンガポール進出 解説Movie

シンガポール移住 特設ページ

シンガポール IRAS,MOM情報ページ

タイランドエリートカード(タイ居住ビザ購入)

シンガポール
移住特設ページ
シンガポール現地よりレポート

こんなにもシンガポール移住は素敵!
を現地在住職員よりレポート
シンガポール移住特設ページへ

愛宕山総合会計事務所

【東京】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-15-11
第二名和ビル10階
〜銀座線虎ノ門駅徒歩2分〜

TEL 03-3503-7531
FAX 03-3503-7531

【シンガポール】
#07-03 King's Centre
390 Havelock Road
Singapore 169662

【タイ・バンコク】
24,Prime Building,
12th Floor,Room No.A,
Sukhumvit 21 Road(Asoke),
Klongtoey-Nua,Wattana,
Bangkok,10110,Thailand


・日本 ・シンガポール ・タイ