本文へスキップ

愛宕山総合会計事務所−シンガポール&タイ会計・法人設立・会社設立・進出・税務・移住/国際相続/英文会計に強い公認会計士・税理士事務所。サービスオフィス・レンタルオフィスも提供。

TEL. 03-3503-7531

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-15-11 第二名和ビル10階



タイ・バンコク/進出・設立・会計・税務・移住Thai・Bangkok

タイバンコク会計税務節税

!NEWS!

  • 随時受付中

    〜タイ進出・会社設立個別相談会〜

    ASEAN工業の中心地であるタイにおいて起業を希望される方のご相談を承ります。タイでは外国人事業規制があり、初めの進出形態の戦略的選定が重要となります。

    また、49:51で日本側が49%で進出したとしても、優先株発行スキームをかませることで利益の帰属を90:10に高める方策や、相互持合いを形成することで事実上100%にすることもできます。これらのスキームについては弊事務所の提携弁護士事務所とともに練り上げたスキームですので安心して採用していただけます。ぜひご相談下さい。

    その他、現地での原価計算制度の構築等のご相談も承ります。
     
     お申込み受付は当HPにて承ります→お申込みはこちら
        

タイ・バンコクオフィス概要

但野和博タイバンコク会計プロフェッショナル相川聡志公認会計士税理士タイ会計プロフェッショナル 【会社名】
Accounting Porter Co.,Ltd

Asset & Accounting Advisory Co.,Ltd.
(旧社名:Realty Porter Co.,Ltd.)

【Managing Director】
Kazuhiro Tadano / 但野 和博 (左写真)

Satoshi Aikawa / 相川 聡志 (右写真)
[日本国公認会計士・税理士]



【所在地】
90 Cyber World Tower 28F Unit A2801, Ratchadaphisek Rd., Huai Kwang Bangkok 10310

【公式ロゴ】


基本情報

法人税率
20%
原則30%ですが、勅令により2013年2014年は20%とされております。2015年以降の税率は定かではありません。。

事業税・住民税がないため日本の法定実効税率38%に比較して非常に有利です。
所得税率
累進課税で最高37%
4,000,000Bht(約12,800,000円)まで累進課税です。仮に、4,000,000Bht(約12,800,000円)の場合の税額は1,035,000Bht(3,312,000円)と算定されるため、この所得段階での税率は25.87%となります。

住民税がないため日本の所得税+住民税率(2015年には最高で55%)に比較して有利です。
相続税・贈与税
相続税・贈与税はありません。
ただし、日本人は海外に住居を動かしたとしても、一部を除き日本の相続税は課税されます。なお、親子ともに海外に5年超の在住で日本の非居住者である場合、海外資産については日本の相続税の対象から外れるケースもあります。
ビザ&ワークパーミット
日本人がタイで就労するにはワークパーミットを取得する必要があります。BOIを取らずにいわゆる普通に会社を設立する場合、資本金200万Bhtとタイ人4人の雇用で日本人1人分のワークパーミットが下ります。ビザについてはノンイミグラントビザの取得が必要となります。
政治・為替
タイは王国です。ASEAN地域では唯一のどの国にも占領されずに独立国家を守ってきた国です。国は国王のもとよくまとまっておりますが、日本のように議会民主制が敷かれているので安定した民主主義国家であります。
タイバーツ(Bht)は1997年のアジア通貨危機の代表格でありましたが、現在のタイバーツは非常に安定しております。ASEANの工業国としての地位を固め発展したため、外貨準備高については1997年当時とは比べ物にならないくらい積み上がっており、通貨危機が起きるよりはむしろ通貨高の基調にあります。

サービス(公認会計士・税理士により高品質なサービスを提供しております)

法人関連

タイ進出サポート

タイ進出の全てのステップをサポートいたします。進出で必要となるのは、法人設立、BOI申請、タイ側パートナー選任、銀行口座設立、住所、ビザ&ワークパーミット取得、必要に応じた住居契約、が挙げられます。

タイでは外国資本規制があり、原則として49%までしか株式所有比率を持てません。残りの51%はタイ側の合弁相手を見つけてともに事業を行うか、いわゆるサイレントパートナーを見つけて自分だけで事業を行うかを選択することになります。幣事務所においては、タイ側の合弁相手のマッチング、サイレントパートナー紹介、を行っております。なお、必要に応じてM&Aから進出の入り口を見つけるパターンもご提案させていただいております。

<進出サポート>
・会社設立登記 100,000Bht/1社
・タイ人発起人 5,000Bht
・外国企業登録 5,000Bht
・納税義務者登録 3,000Bht
・VAT登録 8,000Bht
・BOI恩典取得支援 150,000Bht〜
・ワークパーミット&ビザ取得支援 人数により相談
・社会保険登録 人数により相談
・その他はご相談させて下さい。

記帳代行・法人税申告・監査サポート

私どもは、弊事務所内にて記帳を行いますので、丸ごとローカル事務所にスルーすることはしておりません。お客様の対応は、日本人による日本語にて行っております。ご安心下さい。

<月次業務>
・記帳代行
・源泉徴収申告書作成
・付加価値税申告書作成
・月次個人所得税申告書作成&社会保険申告書作成
→月1回の訪問サービス込で、月額28,000Bht〜

<年次業務>
・年次法人所得税申告書作成 25,000Bht〜
・半期所得税申告書作成 5,000Bht〜
・商務省年次報告書作成 2,000Bht〜
・労災基金申告書作成 人数により相談
・給与源泉徴収票、給与源泉要約表作成 人数により相談
・個人所得税申告書作成 人数により相談

<会計監査>
会社規模により相談

☆幣事務所は監査は提携先のローカル会計事務所に依頼しております。ローカル会計事務所の監査対応は幣事務所にて行っております。

上場企業向けサービス −CFO代行サービス
 (連結パッケージ作成、J-sox(3点セット・整備状況・運用状況評価)作成代行、内部監査代行)

タイ代表の但野は、上場企業のCFOを歴任しており、CFO全般に通じているだけではなく、日本の金融商品取引法に精通しております。また、弊事務所は大手監査法人出身の公認会計士・税理士を多く抱えておりますので親会社の監査法人対応等をこなすことができます。

・CFO代行
伝票チェックから各種承認まで全てのCFO業務を代行します。

・連結パッケージ作成
四半期ごとにお客様のフォームに合せた連結資料を作成いたします。必要に応じて、日本での対応も行っております。なお、お客様の連結財務諸表を全て作成することも受託しております。さらに、連結の開示資料一式の作成受託も行っております。

・J-sox作成代行、内部監査代行
RCM・業務フロー図・業務記述書の3点セットの作成、整備状況評価書・運用状況評価書の作成、内部監査の実施代行を行っております。私どもにて親会社ないしは親会社監査法人と直接に対応しながら作成しますので、シンガポール社に負担をかけることなくJ-soxの整備を行うことができます。

日本の企業は、営業マン・技術者は海外駐在に出しますが、管理部門を出す企業は少ないです。グローバル化の進展に伴い、海外子会社の財務的重要性が高まっています。そのため、親会社および親会社の監査法人が海外子会社に対して要求する財務・経理水準は高くなってきています。ところが日系企業の海外駐在者は営業・技術系の方がほとんどで、財務・経理知識が乏しい場合が多く、親会社からの要求は非常に重荷になっています。場合によっては、慣れない財務・経理の仕事に振り回され、本来の営業・技術の仕事に手が回らないケースも散見されます。そこを我々職業的専門家が、親会社および監査法人の対応をしながら、連結財務諸表のパッケージを作り、J-soxの整備状況評価・運用状況評価を代行するため、営業・技術系の社員の方々は本来の業務に専念することができます。経費負担の重い駐在員を増やすことなく、子会社の業務負担を減らし、かつ財務面のレベルが上げることができます。


個人関連

相続税・贈与税相談

海外在住の方の日本国の相続税相談件数は増加基調です。私どもとしては、@お客様の資産調査と相続税の試算、A相続税を下げるためのプランの策定(相続人対応含む)、Bプランの実行、の3ステップで行っております。相続は非常にナーバスな側面を有し、単に財産を効率よく残すだけでは足りず、どの相続人にどの資産を渡すかといった戦略が必要となります。必要に応じて弁護士を入れてチームを組成します。

☆日本国の税務相談は法律上、日本の税理士資格を有していないとできません。そのため、税理士がシンガポールにいる期間での対応となります。対応期間は月によって異なりますのでお問合せをお願いします。


バナースペース



シンガポール進出 解説Movie

シンガポール移住 特設ページ

シンガポール IRAS,MOM情報ページ

タイランドエリートカード(タイ居住ビザ購入)

〜タイ、クーデター情報〜
執筆者:BKK代表但野和博

1.クーデター最新情報2014年6月3日

〜会計コラム〜
執筆者:BKK代表但野和博

1.タイにおけるVATの有り様について

次回、Coming Soon!!!

!新連載!
実録会計ドラマ小説
〜頼りにしていた人が〜
執筆者:BKK代表但野和博

1.スアパア社編(1話完結)

次回、Coming Soon!!!

!実録会計ドラマ小説!
〜バンコクに堕ちた闇、
そして光へ〜

執筆者:BKK代表但野和博

1.メナーム社編(1)
 全てはここから始まった。

2.メナーム社編(2)
 電話が鳴った。闇の入り口へ。

2.メナーム社編(3)
 そして光が射す!

愛宕山総合会計事務所

【東京】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-15-11
第二名和ビル10階
〜銀座線虎ノ門駅徒歩2分〜

TEL 03-3503-7531
FAX 03-3503-7531

【シンガポール】
#07-03 King's Centre
390 Havelock Road
Singapore 169662

【タイ・バンコク】
24,Prime Building,
12th Floor,Room No.A,
Sukhumvit 21 Road(Asoke),
Klongtoey-Nua,Wattana,
Bangkok,10110,Thailand


・日本 ・シンガポール ・タイ