本文へスキップ

愛宕山総合会計事務所−シンガポール&タイ会計・法人設立・会社設立・進出・税務・移住/国際相続/英文会計に強い公認会計士・税理士事務所。サービスオフィス・レンタルオフィスも提供。

TEL. 03-3503-7531

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-15-11 第二名和ビル10階



セミナー情報Seminar Information

      

セミナー・相談会

  • 随時開催中!
    2015年ASEA統合に向けた礎を作るのは今です!また2015年から所得税相続税が大増税となります!

    〜シンガポール会社設立・移住・ASEAN統括会社設立 相談会〜

     シンガポール会社設立・進出・移住について随時ご相談を承っております。
    シンガポールへの会社設立は簡単にできます。低税率国家であるシンガポールを軸にASEANにて事業を成そうとされる方のご来訪をお待ちしております。もちろん、FX等の金融所得にて所得を生じられている方のご来訪もお待ちしております。
     また、シンガポール移住を検討されている方のご来訪もお待ちしております。個人所得税に悩まれている方、贈与税相続税対策として海外移住を考えられている方、シンガポール移住は法人を現地に設立することで簡単にできます。是非ともご相談下さい。

     お申込みは当HPにて承ります ⇒お申込みはこちら

2016年10月21日
好評セミナー終了しました!
ミャンマーの海外進出セミナー
〜第665回 ミャンマーの進出方法及び制度上の基礎知識〜

愛宕山総合会計事務所主催
講師: 愛宕山総合会計事務所 東京・シンガポール 代表  相川聡志 氏
    愛宕山総合会計事務所 バンコクオフィス 代表   但野和博 氏
    愛宕山総合会計事務所 ミャンマーオフィス 代表  瀬戸山洋介 氏
日時: 2016年10月21日(木) 19:00〜20:30(受付 18:30)
開催地:ちよだパークサイドプラザ 7階 会議室A(秋葉原駅から徒歩10分 )
    アクセス
参加費用:無料
定員:20名
対象国:ミャンマー

ミャンマーの進出方法及び制度上の基礎知識
【開催背景】
2012年あたりから始まったミャンマーブームは、落ち着いてきております。
一方で安い労働力を求めた進出から、イオンの進出であり、内需向けの進出に切り替わりつつあります。
ミャンマーはドルベースでの送金が資本金の送金となりますので円高である、現在は進出環境としては適していると言えます。

当会計グループは、タイにも拠点を構えてますが、タイと比較した場合、ミャンマーの進出における、現地の雇用確保の有無。
VISAの取得方法。外資規制の迂回スキーム等、進出にあたり、初期コスト、ランニングコストとしてポイントとなる点について、お話させて頂きます。

【セミナー概要】
日時:10月21日(金)
18時30より受付
19時開催〜20時00終了
20時45分より懇親会を予定しております

【対象者】
・ミャンマー進出検討予定、既進出企業様

お申込みは終了しました
ミャンマーの進出方法及び制度上の基礎知識 ミャンマー進出セミナーならヤッパン号

2015年11月7日
シンガポールにて、好評セミナー終了しました!
シンガポール居住日本人のための税金講座
〜非居住者の日本国における課税について〜

社会保険労務士法人 大槻経営労務管理事務所 大槻Mクラブ主催
講師: 愛宕山総合会計事務所代表
Advisory Service Singapore Pte.Ltd MD 日本国公認会計士 税理士 相川聡志
日時: 2015年11月7日(土)15:00〜18:00
場所: TKP Singapore Conference Room2 (55 Market Street #03-01, #09-02 Singapore 048941

目次:
T 自己紹介(愛宕山総合会計事務所グループ概要)

U日本での課税範囲(居住、非居住)
  居住、非居住で変わる課税範囲
  居住とは?非居住とは?

V 非居住者の日本国における課税について
  概要
  個別想定例
  復興特別所得税
  納税管理人
  相続税贈与税

2015年7月13日
好評セミナー終了しました!
月刊『国際税務』で有名な株式会社税務研究会主催セミナー講師に弊事務所代表が登壇いたします!

〜シンガポール税制 主催:月刊『国際税務』税務研究会〜

 〜税制の概要把握と当国を経由したASEAN進出のメリット・デメリット(タイへの進出を事例として)〜

 日時:2015年7月13日(月)13時30分〜16:00
 場所:御茶ノ水ソラシティ アカデミア5F
 住所:東京都千代田区神田駿河台4−6
 費用:国際税務研究会会員5,000円、月刊『国際税務』読者15,000円、一般30,000円(税込・テキスト込)

シンガポールはASEAN進出の要です。法人税率は17%と低税率でありながら事業インフラが整っている稀有な国と言えます。
キャピタルゲイン課税・インカムゲイン課税なしという税制を活用すれば日本で同じように事業をするよりも多くの純キャッシュを残すことができます。さらに、日本の外国子会社配当益金不算入税制を活用することで、税金ロスを少なくして、多くのキャッシュを日本に還流させることができます。つまり企業価値の最大化を考えた場合、シンガポールを活用するのが近道です。
そこで今回はシンガポール税制を把握した上で、当国を活用したASEAN進出の成功事例を交えながら詳しく解説します。皆さまのご参加をお待ちしております。

講師:愛宕山総合会計事務所 代表 公認会計士・税理士 相川聡志

T.シンガポール税制の概要・商習慣
 @ 税金の種類 A 法人所得税 B 個人所得税 C 源泉税 D GST E その他
U.シンガポールを経由したASEAN進出メリット・デメリット
 @ 日本の税制から見たシンガポール活用メリット
  〜外国子会社配当金不算入・キャピタルゲイン&インカムゲイン課税なし・源泉税〜
 A 日本の税制をクリアするためのデメリット
  〜タックスヘイブン税制・移転価格税制を充足するコストと手間
 B 税金だけでメリット・デメリットを判断しない
V.シンガポール経由ASEAN進出ケーススタディ(タイへの進出を事例として)
 @ ASEAN進出概要 A 飲食店で進出 B 不動産業で進出 等

 セミナーパンフレットのPDF ⇒パンフレット(PDF)
 お申込みは当HPにても承ります ⇒お申込みはこちら
2015年2月6日
好評セミナー終了しました
2015年ASEA統合に向けた礎を作るのは今です!

〜アジア進出実務セミナー シンガポール編〜

 日時:2015年2月6日(金)18時30分 開始(受付18:00〜)
 場所:社会保険労務士法人 大槻経営労務管理事務所[銀座事務所]
 住所:東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル8F
 地図:http://goo.gl/maps/4Q6FW
 費用:無料(ただし、懇親会参加の場合4,000円程度の実費を頂戴致します)

シンガポールはASEAN進出スキームの要です!

2015年のASEAN統合に向けて、シンガポールは中心国としての地位を固めております。OECDの情報交換の枠組みに入ることなく金融立国としての独立性を保持した上で、低税率を設定してるため、今もなおシンガポール法人の設立は続いております。

法人税率は17%と低税率でありながら事業インフラが整っているビジネスには最適の国です。また、キャピタルゲイン課税・インカムゲイン課税なしという税制を活用すれば日本で同じように事業をするよりも多くの純キャッシュを残すことができます。さらに、日本の外国子会社配当益金不算入税制を活用することで、税金ロスを少なくして、多くのキャッシュを日本に還流させることができます。

個人では、2015年から日本は所得税率が上がり、住民税と併せて最高55%も税金で取られるようになります。シンガポールの所得税率は20%で、キャピタルゲイン課税インカムゲイン課税がありません。個人所得税を多く払われている多くの方がシンガポール移住を考えているのも納得できます。また、親子ともども海外に住み、相続税贈与税対策をされる方もいらっしゃいます。シンガポールへの移住はハードルが低いです。是非ご相談していただければと思います。

別な戦略的視点からすると、円安基調の中、円だけのポジションを保持するのではなく、多通貨で資産形成もしくは事業形成をする必要があると言えます。そういった中で考えるべきなのは為替の安定性です。昨年の2月にあった新興国通貨危機に際しても、ASEANにおいてはシンガポールドルとタイバーツの為替は安定しており、通貨としてシンガポールドルを保持する有効性が証明されたと言えます。

第1部
株式会社アジアリーガルリサーチアンドファイナンス 
代表取締役 宍戸 徳雄 氏

(プロフィール)
1997年株式会社住友銀行に入行。法人営業部等歴任し主としてコーポレートファイナンス、外国業務に従事。2012年独立、アジア総合法律事務所のシンクタンク(調査研究機関)である株式会社アジアリーガルリサーチアンドファイナンスを設立、代表に就任。アジア地域の法制度・判例、行政運用などの調査、ビジネス環境・マーケット調査などをメイン業務としながら、数多くの日本企業のアジア進出の実務サポートも行う。民主化直後のミャンマーにも拠点を設置(ヤンゴン)。2014年には、アジア総合法律事務所と共同で、シンガポールに法人を設立、代表に就任。著書に「ミャンマー進出ガイドブック」(プレジデント社)、連載記事「沸騰ミャンマー投資1〜3」(プレジデント社)、連載記事「激動するミャンマー」(リンクグローバルソリューション)などがある。その他金融機関や商工会議所等にて、アジア進出に関わる多数の実務セミナー・講演活動を行っている。

第2部
愛宕山総合会計事務所代表
公認会計士・税理士 相川 聡志

株式会社アドバイザリーサービス代表取締役
Advisory Service Singapore Pte.Ltd 代表取締役

(プロフィール)
新日本監査法人(現、新日本有限責任監査法人)を経て、2008年に独立開業。現在は、東京・シンガポール・バンコクの3拠点体制を構築し、会計・税務・海外進出サービスを提供するとともに、会計大学院にて会計人の育成を行っている。 著書は、「不動産取引の会計・税務Q&A」(中央経済社、新日本有限責任監査法人不動産業研究会編、共著)、「同族会社をめぐる税務相談」(清文社、共著)、「会計処理ガイドブック」(清文社、共著)、他雑誌への寄稿がある。

第3部
社会保険労務士法人大槻経営労務管理事務所
執行役員 武澤 健太郎 氏

(プロフィール)
2004年4月に新卒で社会保険労務士法人大槻経営労務管理事務所に入所し、社労士として10年のキャリアを持つ。経営労務監査プロジェクトのプロジェクトリーダーとして、数多くの労務監査を手掛け、2012年5月には特定社会保険労務士を付記し、個別労使紛争に関する相談も企業から多く相談を受ける。 現在、約50社の相談業務を担当し、2013年9月には、海外進出プロジェクト担当リーダーに就任し、 アジアを中心とした海外進出に必要な労務管理、労働社会保険のアドバイスを積極的に行っている。

 お申込みは終了しております。
2014年7月17日
日系ディベロッパー、ゼネコン様向けに特化したミャンマー不動産開発セミナー
〜 ASEAN不動産投資・ミャンマー中心 〜

 2月に東京で開催され大盛況だった「ASEAN不動産投資セミナー(ミャンマー編)」。多くの参加者からその内容について大変高いご評価を頂きました。その後、セミナーにご参加頂いたディベロッパー、ゼネコン様などと一緒に具体的に案件ベースにて、ミャンマーの不動産開発案件に取り組むに至っています。

 同セミナーは、投資不動産のセールスを目的とするセミナーとは異なり、ミャンマーの具体的な不動産開発を、どのようなスキームで行うべきか、ミャンマーの不動産マーケット分析、取引慣行や法制度調査、投資シミュレーションなどを、各分野の専門家が解説する実践的なセミナーです。

 個別の不動産物件情報を紹介するセミナーではありませんが、ミャンマーにおける不動産市況や開発状況につき、エリア毎に分析を加え、参加者のご関心があるエリアの個別物件のご紹介も事後的に承ります。

 投資スキームについては、シンガポール等を活用したスキームをベースとして、投資プレーヤーの組成、ファイナンス組成など、応用的な手法についても解説する予定です。

○セミナー概要
平成26年7月17日(木曜日)
18時00分〜20時30分
場所(東京)は別途ご案内
セミナー参加費1名あたり15,000円(税別)

○セミナー内容
18:00 開場

18:30 第一部 ミャンマー不動産市場の現況と関連法制度について
民主化後、劇的な成長を続けるミャンマーの政治、経済情勢等をふまえながら活発化するミャンマー不動産の動きを追います。現地に事務所を構え、ミャンマーの生の声をお届けする日本でも随一の「ミャンマー水先案内人」宍戸氏がわかりやすくミャンマーの今を解説します。

(担当講師)宍戸徳雄
株式会社アジアリーガルリサーチ・アンド・ファイナンス代表取締役。アジア総合法律事務所のシンクタンクとして、アジア各国の法情報サービス、法令や判例の調査・研究、企業のアジア進出支援業務を行う。ミャンマービジネス法の専門家。2012年にヤンゴンオフィスを開設。住友銀行(現三井住友銀行)を経て独立。「ミャンマー進出ガイドブック」(プレジデント社)を出版。各種アジア進出セミナー、ミャンマー投資セミナーなど講演活動を展開している。

19:10 第二部 海外不動産投資概論、アセットアロケーションの必要性
ミャンマーにおける不動産投資の組立を、不動産開発、証券化のプロとして豊富な実績と知見を有する牧野氏がわかりやすく解説します。1社単独では進出に二の足を踏む企業でも開発コンソーシアムを組成しての進出であれば可能性が開けます。

(担当講師)牧野知弘
1959年アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒業。第一勧銀、ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産でビルディング事業本部にてオフィスビルの買収、開発、運用、証券化業務に従事。2006年J‐REIT(不動産投資信託)である日本コマーシャル投資法人を上場。現在、オフィス・牧野代表取締役。オラガHSC株式会社代表取締役。オフィス、ホテルオーナーに対するアドバイザリーや経済情勢、不動産市場に関する論説、講演活動を展開している。


19:50 第三部 海外不動産投資スキーム概論
ミャンマーへの投資にあたって気になるのがお金の流れ。特に国境を超えることによって懸念される二重課税等の課税問題など企業の悩みにお応えします。現在の税制でのベストプランのみならず将来にわたっての課税関係の流れや動きを見据えた実践的な解説を行います。

(担当講師)相川聡志
公認会計士・税理士。会計大学院客員准教授。
愛宕山総合会計事務所代表。株式会社アドバイザリーサービス代表取締役。Advisory Service Singapore Pte.Ltd 代表取締役。
新日本監査法人(現、新日本有限責任監査法人)を経て、2008年に独立開業。現在は、東京・シンガポール・バンコクの3拠点体制を構築し、会計・税務・海外進出サービスを提供するとともに、会計大学院にて会計人の育成を行っている。
著書は、不動産取引の会計・税務Q&A(中央経済社、新日本有限責任監査法人不動産業研究会編、共著)、同族会社をめぐる税務相談(清文社、共著)、会計処理ガイドブック(清文社、共著)、他雑誌への寄稿がある。

20:20 第四部 質疑応答
20:30 終了
2014年5月9,12,13日
バンコク事務所代表の但野和博帰国に合せての開催
〜 タイ進出・問題解決個別相談会 

相談料 10,000円/1時間(消費税別)
2014年2月21日
ASEAN不動産投資セミナー(ミャンマー中心)を開催しました。
ミャンマーのプロ宍戸氏、不動産のプロ牧野氏と組んだセミナー

〜ASEAN不動産投資セミナー(ミャンマー中心)

日時 2014年2月21日(金)19時
開催場所 東京都中央区日本橋本町1−3−5日本橋本町ビル9階 →地図はこちら
参加費 1万5千円(税別)
募集 20名様限定、競業者の方は参加をお断り致します。

○セミナー内容
18:30 開場

19:00 第一部 海外不動産投資概論、アセットアロケーションの必要性
(担当講師)牧野知弘
1959年アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒業。第一勧銀、ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産でビルディング事業本部にてオフィスビルの買収、開発、運用、証券化業務に従事。2006年J‐REIT(不動産投資信託)である日本コマーシャル投資法人を上場。現在、オフィス・牧野代表取締役。オラガHSC株式会社代表取締役。オフィス、ホテルオーナーに対するアドバイザリーや経済情勢、不動産市場に関する論説、講演活動を展開している。


19:30 第二部 ミャンマー不動産市場の現況と関連法制度について
(担当講師)宍戸徳雄
株式会社アジアリーガルリサーチ・アンド・ファイナンス代表取締役。アジア総合法律事務所のシンクタンクとして、アジア各国の法情報サービス、法令や判例の調査・研究、企業のアジア進出支援業務を行う。ミャンマービジネス法の専門家。2012年にヤンゴンオフィスを開設。住友銀行(現三井住友銀行)を経て独立。「ミャンマー進出ガイドブック」(プレジデント社)を出版。各種アジア進出セミナー、ミャンマー投資セミナーなど講演活動を展開している。

20:00 第三部 海外不動産投資スキーム概論
(担当講師)相川聡志
公認会計士・税理士。会計大学院客員准教授。
愛宕山総合会計事務所代表。株式会社アドバイザリーサービス代表取締役。Advisory Service Singapore Pte.Ltd 代表取締役。
新日本監査法人(現、新日本有限責任監査法人)を経て、2008年に独立開業。現在は、東京・シンガポール・バンコクの3拠点体制を構築し、会計・税務・海外進出サービスを提供するとともに、会計大学院にて会計人の育成を行っている。
著書は、不動産取引の会計・税務Q&A(中央経済社、新日本有限責任監査法人不動産業研究会編、共著)、同族会社をめぐる税務相談(清文社、共著)、会計処理ガイドブック(清文社、共著)、他雑誌への寄稿がある。

20:30 第四部 質疑応答
21:00 終了
2013年12月25日
タイ会計セミナーを開催しました。
バンコク代表但野和博一時帰国に際しタイ会計セミナーを実施しました。

〜最新!タイ子会社の実践的管理手法〜
 日時:2013年12月25日(水)9時半〜12時半
 場所:TKP新橋ビジネスセンター →地図
 パンフレットはこちらをクリック

<内容>
 I タイ経済環境概況
   1 景気指標・景気動向
   2 為替の動向と外貨準備高の動向
   3 日系企業進出状況
 U タイ会計・財務基礎編
   1 タイ会計基礎
   2 月次・年次での必須事項
 V 実例を基にしたタイ子会社の実践的管理手法
   1 【全業種】タイで最も多い経理のアウトソースのケース
   2 【サービス業】タイの現地会社を日本の会社が買収したが現地に駐在員を送りこまず管理するケース
   3 【製造業】経理がブラックボックス化している中でキーパーソンの退職やシステム入替などにより問題が表面化したケース
   4 【製造業】洪水による影響があった会社で、タイと日本の管理部門の認識と意思疎通が脆弱なため過年度決算が締まらないケース
   5 【建設業】タイ側合弁パートナーに支配権を握られてしまい事実上日本のコントロールが効かないケース
 W まとめ
2013年12月25日
タイ進出個別相談会を開催しました。
バンコク代表但野和博一時帰国に際しタイ個別相談会を実施しました。

〜タイ進出・会社設立個別相談会〜
 日時:2013年12月25日(水)14時より1時間刻みで19時まで
  @14時〜15時、A15時〜16時、B16時〜17時、C17時〜18時、D18時〜19時
 
 場所:愛宕山総合会計事務所(東京都港区虎ノ門1-15-11、虎ノ門駅徒歩2分)
 
 相談員:バンコク代表但野和博東京・シンガポール代表相川聡志の両名が揃って相談受付
 相談報酬:50分10,000円(消費税別)
2013年9月27日
ASEAN不動産投資セミナー(ミャンマー中心)を開催しました。
9月27日(金)19時〜(東京)
開催場所(東京汐留近辺を予定)については、別途ご案内致します。
参加費1万円(税別)、20名様限定、競業者の方は参加をお断り致します。
(ミャンマーコンドミニアム法が8月に成立しなかったため、参加費を改訂しました)
*大阪、名古屋、福岡でも同内容のセミナーを開催する予定です。

○セミナー内容
18:30 開場
19:00 第一部 海外不動産投資概論、アセットアロケーションの必要性
(担当講師)牧野知弘
1959年アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒業。第一勧銀、ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産でビルディング事業本部にてオフィスビルの買収、開発、運用、証券化業務に従事。2006年J‐REIT(不動産投資信託)である日本コマーシャル投資法人を上場。現在、オフィス・牧野代表取締役。オラガHSC株式会社代表取締役。オフィス、ホテルオーナーに対するアドバイザリーや経済情勢、不動産市場に関する論説、講演活動を展開している。

19:30 第二部 ミャンマー不動産市場の現況と関連法制度について
(担当講師)宍戸徳雄
株式会社アジアリーガルリサーチ・アンド・ファイナンス代表取締役。アジア総合法律事務所のシンクタンクとして、アジア各国の法情報サービス、法令や判例の調査・研究、企業のアジア進出支援業務を行う。ミャンマービジネス法の専門家。2012年にヤンゴンオフィスを開設。住友銀行(現三井住友銀行)を経て独立。「ミャンマー進出ガイドブック」(プレジデント社)を出版。各種アジア進出セミナー、ミャンマー投資セミナーなど講演活動を展開している。有楽町ビジネスカレッジ「アジア実戦起業塾(ミャンマー編)」講師。

20:00 第三部 海外不動産投資スキーム概論
(担当講師)相川聡志
公認会計士・税理士。会計大学院客員准教授。
愛宕山総合会計事務所代表。株式会社アドバイザリーサービス代表取締役。Advisory Service Singapore Pte.Ltd 代表取締役。
 新日本監査法人(現、新日本有限責任監査法人)を経て、2008年に独立開業。現在は、東京・シンガポール・バンコクの3拠点体制を構築し、会計・税務・海外進出サービスを提供するとともに、会計大学院にて会計人の育成を行っている。
著書は、不動産取引の会計・税務Q&A(中央経済社、新日本有限責任監査法人不動産業研究会編、共著)、同族会社をめぐる税務相談(清文社、共著)、会計処理ガイドブック(清文社、共著)、他雑誌への寄稿がある。

20:30 第四部 質疑応答
21:00 終了

当日は「ASEAN不動産投資サロン」(入会規約、サロンサービスのご案内、ミャンマー物件視察ツアーについてのご案内etc)についてもご案内致します。

「ASEAN不動産セミナー」事務局
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-15-11第2名和ビル10階
asean.estate@atagoyama.net
2013年5月23日
浜松町にてセミナーを開催しました。
「最新!不正会計・不正取引実例研究」
2013年4月15日
浜松町にてセミナーを開催しました。
「最新!不正会計・不正取引実例研究」
2013年3月13日
浜松町にてセミナーを開催しました。
「最新!不正会計・不正取引実例研究」
2012年以前
2011/4/20 浜松町にて会計セミナーを開催しました。
「平成23年3月期 会計・税務、会社法・金商法 監査の重要ポイント総ざらい」
2012/5/28 浜松町にてセミナーを開催しました。
「最新!不正会計・不正取引実例研究」
2012/6/29 浜松町にてセミナーを開催しました。
「最新!不正会計・不正取引実例研究」
2012/7/25 浜松町にてセミナーを開催しました。
「最新!不正会計・不正取引実例研究」
2012/8/27 浜松町にてセミナーを開催しました。
「最新!不正会計・不正取引実例研究」
2012/9/9 彩の国さいたま芸術劇場にてタウンミーティングを開催しました。
http://saf.or.jp/arthall/
「健康長寿のコツ!老後の悩み、安心、生きがい、みんなで考えよう!」
2012/9/28 浜松町にてセミナーを開催しました。
「最新!不正会計・不正取引実例研究」

バナースペース



シンガポール進出 解説Movie

シンガポール移住 特設ページ

シンガポール IRAS,MOM情報ページ

タイランドエリートカード(タイ居住ビザ購入)

シンガポール
移住特設ページ
シンガポール現地よりレポート

こんなにもシンガポール移住は素敵!
を現地在住職員よりレポート
シンガポール移住特設ページへ

愛宕山総合会計事務所

【東京】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-15-11
第二名和ビル10階
〜銀座線虎ノ門駅徒歩2分〜

TEL 03-3503-7531
FAX 03-3503-7531

【シンガポール】
#07-03 King's Centre
390 Havelock Road
Singapore 169662

【タイ・バンコク】
24,Prime Building,
12th Floor,Room No.A,
Sukhumvit 21 Road(Asoke),
Klongtoey-Nua,Wattana,
Bangkok,10110,Thailand


・日本 ・シンガポール ・タイ